女性の髭悩み対策クリーム「ノイス」

女性の髭悩み対策クリーム「ノイス」のススメ

女性の髭悩みの対策クリームとしてノイスがあります。ノイスは女性に髭が生える原因を徹底して分析して開発されました。

 

 

⇒女性の髭悩み対策クリーム「ノイス」の公式サイトはこちら

 

 

女性は子供の頃から髭が産毛として存在しますが、加齢とともにホルモンバランスが乱れて濃くなっていきます。加齢によって女性ホルモンより男性ホルモンのほうが優位になってしまうと女性の髭が濃くなります。

 

女性ホルモンが乱れる原因はストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどが考えられますが、外から治す方法として前述したノイスが大変役に立ちます。ノイスには脱毛エステサロンでも注目されている有効成分フェリニーブが配合されています。

 

フェリニーブは脱毛や性毛に効果のある多種類の植物由来成分を配合した有効成分の名称で、複数の有効成分を配合することによって様々な角度から脱毛?性毛に働きかけることができます。フェリニーブは肌を柔軟にし美肌効果があります。

 

使い方も朝と晩の1日2回気になる部分に塗るだけです。ノイスは脱毛?性毛に効果がある成分をしっかり含んでなおかつ香料、合成着色料、紫外線吸収剤、着色料、パラベン、アルコール、金属を一切含んでいない無添加クリームなので刺激に敏感な方や金属アレルギーの方も安心して利用できます。

 

 

女性の髭悩み対策用のノイス

女性でも体毛の濃い人は、髭悩みをかかえている場合があります。口の周囲の産毛が、他の部分の産毛よりも明らかに濃く、定期的に剃る必要があったりします。

 

剃れば済むというものでもなく、剃り跡が黒ずんだり、顔の他の部分と皮膚の色が異なったりしてきますので、ファンデーションで隠れはするものの、素顔だと目立つこともあります。できれば口の周囲の濃い産毛を生えてこなくしたいものです。それは無理でもせめて薄くできたら、と願う人は少なくありません。

 

現在は無駄毛の永久脱毛が比較的しやすくなっていますが、顔のレーザー脱毛は値段も高く、跡が残る危険性もゼロではありません。

 

そんな中、ノイスというクリームに注目する人もいます。塗ると、気になる口の周りの産毛が薄くなったりなくなったりする効果が期待できるというものです。女性ホルモンの低下が髭の原因であるという考えに基づいて、ノイスにはイソフラボンや黒大豆エキス、エクオールなどの大豆成分が配合されているようです。

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと構造が似ているため、更年期障害の症状を緩和すると期待されてもいます。ノイスはドラッグストアなどでの店頭販売はされておらず、通信販売で購入できます。

 

【PR】ノイスを買うなら公式通販がオススメ!?

 

 

女性のひげ改善法

女性でもひげが生えてしまう事がありますよね?もうこれは現代社会では普通に当たり前になってしまっています。ちょっと悲しい事実ですが、女性が男性化してきているからなのですが、これは女性ホルモンが原因なのでしょうか?

 

またひげが生えてしまった時の効果的な処理方法や脱毛などはどのようにすれば良いのでしょうか。特に鼻の下やあごなど生えやすい場所には注意が必要です。

 

女性のひげが生える原因には女性ホルモンの減少が関係しています。小まめに処理をするのが面倒な場合にはサロンで脱毛するのがおすすめです。

 

顎や鼻の下などのひげは脱毛することによって処理をしなくても良くなりますので面倒がなくなります。でもコスト面で心配な方は改善する方法を探してみましょう。

 

 

まずは生活を改善することです。過度なストレスによって崩れた女性ホルモンのバランスを取り戻すために女性ホルモンと同じ働きをする食品を食べます。代表的なものとしてはイソフラボンが大豆に含まれていますよね。

 

それから、睡眠です。夜10時以降の熟睡はお肌に良いとされています。それは女性ホルモンが十分に分泌されるからです。

 

充分な睡眠には、最低6時間の睡眠時間と、睡眠開始から3〜4時間が重要です。この時間に深く眠るためには、リラックスした空間と時間の工夫が必要です。

 

夕食は3時間前、入浴は2時間前までに済ませて、内臓も体温も落ち着いたことが一番眠りに入りやすい状態となりますので、そういったことを気にしてみてください。

 

さらには喫煙はやめること。喫煙や過度のアルコールは体内だけではなく、見た目もおじさんになってしまいますよ。そして軽い運動で新陳代謝を上げること。これでストレスも少しは発散できます。

 

女性ホルモンには、頭髪を育て、体毛を薄くする作用がありますから、通常のホルモンバランスを取り戻すための、生活習慣は、続けることが大切です。

 

では、今あらわれている青ヒゲを改善するには、どうしたらいいのでしょうか。薄くするための抑毛クリームやローションがあるので、それで気長に薄くする。と同時に、上記のような生活習慣を心掛けて女性ホルモン分泌を促しましょう。

 

長い目で見たら脱毛サロンも楽ですが、コストがかかるというのと、後は更年期の時期に改めてあごにひげが生えてくる可能性もあるということです。

 

だから、いま脱毛サロンで改善されたとしても、長い目で見ると完璧とはいえないということなのです。

 

それよりは、生活に気をつけて、低コストの抑毛コスメで女性ホルモンを直接塗って、改善するほうがリスクはなく、逆に肌が綺麗になることもあります。

 

⇒女性の髭悩み対策クリームノイスについてもっと知りたい方はこちら